概要

  1. 職務上の事由による行方不明も保障
  2. 恩給法の適用を受けるものは被保険者にならない。
  3. 共済・私立共済の被保険者でも強制被保険者になる(健保の考えと一緒)
  4. 疾病任意被保険者・・・(疾病部分だけの任意継続被保険者)2ヶ月20日2年も共通なので、健保の任継続被保険者とまったく同じ。

療養の給付・死亡給付

  1. 独自給付・・・自宅以外の場所における療養に必要な宿泊及び食事の給付
  2. 傷病手当金(業務上)
    1. 待機不要
    2. 支給開始後4ヶ月は標準報酬日額の全額、その後は100分の60で労災の休業給付と同じ
    3. 報酬との調整なし
  3. 傷病手当金(業務外)
    1. 待機不要
    2. 支給開始後3年間支給
    3. 報酬との調整なし
  4. 出産手当金・・・妊娠が判明した日から産後8週(56日)支給
    1. 金額は同じ、3分の2
    2. 報酬との調整なし
  5. 葬祭料・・・業務上は労災と同じ、業務外は健保と同じ
    1. 昔の制度と5万円の差額をしはらう→葬祭料付加金(2ヶ月になるように調整)
    2. 家族葬祭料付加金も同様の考え方
  6. 行方不明手当金・・・行方不明後1月~3月の間標準報酬日額分全額支給
    1. 3月移行は、厚生年金の死亡推定により給付開始となる。
    2. 遺族年金額は、1月~3月分は調整される。
    3. 報酬との調整あり!! 遺族年金と調整するからかも