旧法

  1. 3年失権制だった
    1. 3級以上非該当(厚生年金に規定する障害等級に非該当)から3年で失権。旧法時代(といってもH6~)に非該当3年で失権した人が該当したら事後重症でなく、原則の障害年金となる。(65歳まで)
    2. 6ヶ月の加入期間が必ず必要だったので加入期間をみなさないために受給権もらえない人がいた。→20歳前の障害基礎年金もらえるようになった
  2. 旧法からの経過措置者の65歳前の繰上げによる失権は無し!!
  3. 併給
    1. 労災の障害保障年金が調整される。受給権があれば、調整。支給停止されていても関係なし。