プロダクトバックログ

*プロダクトオーナー

felix

*優先順位決定事項

順位開発項目摘要開始日終了日
1ユーザーカレンダー機能ユーザーが法定休日・公休日を設定できるカレンダーを作成する。祝日が自動反映し、一定年については自動作成する機能もつける2008-04-112008-06-01
2出勤表の全日表示出勤確認をする際に該当月の全日を表示する様にする。ページ表示時にチェックし、全日レコードが存在しない場合には作成するロジックを追加2008-06-122008-07-01
3出勤区分の定義と集計出勤区分別に、集計値に対する集計ロジックを作成する。集計項目、出勤項目各々が編集可能なものとする。2008-07-02
4ユーザーカレンダーの複数化ユーザーカレンダーを複数持ち、それらを個人情報が選択できる様にする。初期状態で各々の出勤形態に近い出勤予定が生成される。

*整理前

  • カレンダー設定機能・・・ユーザーの休日設定 -- felix 2008-05-15 (木) 23:57:29
  • 出勤区分の定義設定・・・出勤区分別に出勤カウントするか否か、欠勤カウントするか否か? 有休消化カウントするか? 休職カウント(労災・自己責任) するならいくつカウントする?(小数) 年休用の出勤率参入するか? などの設定)  -- felix 2008-05-16 (金) 00:00:55
  • 確認表の月全日レコード自動生成・・・確認ログインしたときに該当月の全日分のレコードが無いときには自動的に生成するロジック。 勤怠管理表を全日分表示し、集計部分もつける。 -- felix 2008-05-16 (金) 00:04:33
  • 月次の本人検印機能の追加。労働基準監督署が認める適正なやり方。最終確定を本人にさせる。日次の検印が管理者にあり、日次検印が全部無いと月次検印できない仕組み。管理者・従業員双方の合意元適正な勤怠レコードになる。 -- felix 2008-05-16 (金) 00:07:04
  • 有給休暇自動付与機能 -- felix 2008-05-16 (金) 00:07:44
  • パート労働法対応の契約時間管理と更新。それらの勤怠計画への自動反映機能 -- felix 2008-05-16 (金) 00:08:54
  • ユーザーカレンダーを複数もてる様にする。 -- felix 2008-06-01 (日) 15:54:44
  • 勤怠修正歴と集計ポイントの管理 -- felix 2008-09-26 (金) 00:13:56
  • 週40時間超過部分の単独算出 -- felix 2008-09-26 (金) 00:14:25