Access学習方法

クエリを徹底的に学習する

できるAccessクエリ活用編 2003&2002 対応 (できるシリーズ)
できるAccessクエリ活用編 2003&2002 対応 (できるシリーズ)
Accessクエリ トレーニングブック 2000/2002/2003/2007対応
Accessクエリ トレーニングブック 2000/2002/2003/2007対応
Accessで自動化できる処理は、『データの移動』『データの加工』『データの印字』が主ですが、その中でも『データの加工』は、難度が比較的低くて、効果が高い部分だと思います。この『データの加工』の自動化に活用されるのがクエリです(もちろん最終的にはマクロと連動させることが多いと思いますが・・・)。その為、クエリを徹底的に学習することをお勧めします。

Accessの個人学習

Accessを持っていないという問題

ここで問題となるのが、Accessを持っていないという問題です。通常パソコンにハンドルされる程度のOfficeソフトにはAccessが入っていません。その為、個人でAccessを持っていないということが障害になります。この場合、第一に購入することを考えてみるべきだと思います。Accessも中古でよければ、バージョン2002なら、2万円程度で手に入れることが可能です。クエリを活用し、人生の時間をより人間らしい活動に充てられることを考慮すれば、まったくリーズナブルな出費だと思います。

SQLを覚えるという解決方法

基礎からのMySQL [基礎からのシリーズ] (プログラマの種シリーズ)
基礎からのMySQL [基礎からのシリーズ] (プログラマの種シリーズ)
Head First SQL ―頭とからだで覚えるSQLの基本
Head First SQL ―頭とからだで覚えるSQLの基本
クエリとは、実のところ、SQL文そのものです。これが、データと処理を分離し、データがいれ変わった時にでも、結果を即時に取得できるメリットの構造でもあります。SQLは、世に出回っているデータベース(MySql,Oracle,SQLserver,postgresql等)にほとんど共通した言語です。また、データベースは、ほとんどあらゆるアプリケーションで組み込まれているといってよいほどのミドルウェアです。その為、なにかのビジネス上の課題を自動化したいという場合には、かなりの確率でデータベースにおける処理(SQL)が絡んできます。このことから、Accessの購入に足踏みするかただけでなく、より深くAccessのクエリを理解したいという方には、SQLの学習をすることをお勧めします。SQLの学習だけなら、MySQLやpostgresqlなど、フリーのデータベースが存在します。これらをインストールして、チュートリアル本で一通り学習することは、必ず身になるはずです。

ビジネス上の問題は書籍で紹介されている処理ほど単純では無い。

ビジネス上の問題は、書籍で掲載されているスキルで全部解決できるほど単純でない場合が多いです。ただし、データの処理において、『ロジカルに定義できることであれば、ほとんどすべてを自動化することが可能』だと考えることを出発点にされて、チャレンジしてみることです。また、SQLの理解は、そういった複雑な処理を構造的に処理するための大きな武器になると考えます。