悲しい国

なのか?日本は・・・。社会保障について連日報道される。「格差」「貧困」「ワーキングプア」「限界集落」苦しんでいる人がたくさんいるのだ。隣には贅沢と無駄もあるはずなのに・・ 論調はいつも同じ。
自分ができること・・・。を第一に考えてみることは理解しても、出てくるのは社会制度を如何にするべきかという大きな話ばかり・・・。それはうまく行かない方法で、私には力がない。
ネットで真剣に議論し提案することは私に出きることなのかもしれない。
制度の分散、縦切り・横切りは事務の非効率化を生んでいないか?統合できない理由は共済や医師国保の様な裕福な保険者の抵抗ではないのか?
年金も同じではないのか?なぜ分ける?そのうち調べてみる必要がありそう。
統合するだけが効率化じゃ無いのだろうけど。どの程度の人たちが、そこに携わっているのだろう。非効率な運営は内部の人のモチベーションも下げるだろうに・・・
生活保護はお金で解決すべきなのか?ホームレスと生活保護は交わらないのはなぜ?
教育も満足でなく、収入も満足でない、健康も保てない そんな人達の生きる使命や喜びにつなげられることは何なのか?