クラウド化する世界

たぶん2008年でもっとも気づきが多かった本だと思う。電力の発展とITに発展を比較して、クラウドソーシングを第一に考えれば、 IT投資は不要となるケースが多いという結論は優先順位付けを考えるにあたって、必要な観点だと感じます。また、格差社会の一番の 原因は情報処理の自動化であるという観点は、キャリアを考えるには重要な観点になると感じます。やはり、単純作業を行うだけの キャリアは今後ますます危機的な状況になっていくのだと思います。フラット化する世界でも感じてたことが、再度認識できました。やはり率直に 言うべきなのだと思います。
『あなたはどんな価値をしめしていくのですか?』
単純作業を自動化する人材。コミュニケーション、リーダーシップを取っていく人材。創造性の高い人材。