DeskTop版のインストール

Ubuntu 徹底入門 The Official Ubuntu Book 日本語版 (DVD付)
Ubuntu 徹底入門 The Official Ubuntu Book 日本語版 (DVD付)
Ubuntuインストールのノート。実現したいことはWindowsで実現できていたことの再現+サーバーと相性のよいPHP開発環境の整備です。これは私の備忘録ですが、あまり詳しくありませんので、補足や誤り訂正がございましたらぜひおっしゃってください。

Ubuntuの再インストール、バージョンアップの場合

/home/ユーザー名の中から必要なファイルをUSB等にバックアップします。得にメール、ブラウザの設定は隠しフォルダーにあるのでこれをコピーしておくと移行後も以前と同じように使えます。
$ sudo cp -a /home/ユーザー名/* /media/disk/
/disk の部分は disk-1 disk-2 となっている場合もあります。

ソフトダウンロード

Ubuntu日本語ローカライズより、
をダウンロードしてきます。中身は .iso ファイルですので、CDへ焼きます。(仮想ドライブのソフトDAEMON Toolなどをインストールして、DiskCopyerなどでCDへ焼きます。)

DeskTop版のインストール

CDに入れてダウンロードします。パソコンを起動させる場合に、CDROMを初めに読ませるためのブート設定が必要です。大抵は、起動直後にF2を押すとブート画面に移行します。 起動する媒体(CDROM,ハードディスク,FDD等)を選ぶメニューがあるはずなので、CDROMを最優先に起動するように設定します。
これで、CDブートされ、メニューが表示されます。『Ubuntuを使ってみる』もしくは、『Ubuntuをインストール』からインストールします。
UbuntuのインストールCDをブートすると「メモリテスト」というメニューがあります。文字通りメモリが正常に稼働しているかどうかをチェックしてくれるものですが、特に市販のメモリ等を増設した場合に正常に稼働していないことがあります。たとえ、ハードとして認識されてメモリ数が増加した場合にも、異常がでることがあります。このままインストールをおこなってもエラーが頻発したり、インストール後に非常に不安定な動きをしたりします。必ず一度チェックしてみるべきだと思います。
現在データが入っているハードディスクへインストールを行う場合、[システム]→[設定] →[パーテンションの設定]で該当するハードディスクを選択し、パーテーションの削除もしくは、フォーマット(Windowsなどと共存させる場合には領域の確保)を行ってからインストールを開始した方がエラーが少なくなります。特に、一度Ubuntuインストールで失敗した場合等は、上記の方法で行わないと、エラーとなる確率が高い様な気がします。
ノートへインストールする際には、無線LANよりは、有線LANへ切り替えて始めた方がよい気がします。
インストール後、synaptics パッケージマネジャーが自動で更新パッケージのインストールについて画面右上でアイコンアラートを出してくれますが、ここからまとまった数のパッケージインストールを行うとエラーとなり、インストールがやり直しになることが有ります。少なくとも初回はコンソール([アプリケーション]→[アクセサリ]→[端末]でコンソールが開きます。)で、
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
で更新するべきだと思います。端末の使い方は、こちら
無線LANは、インストール設定後に立ち上げた後、有線LANを抜くと自動的に使える有線LANを読み込んできますので、そこから選択します。ただし、機種によっては無線LANが使えないことがあります。私が試したものでは、 Lenovo X61(無線LANのあるタイプ)、Let's Note R4 は無線LANがOKでした。逆にダメなのは、EeePC901 ですが、これには専用のインストールCDが出ています。
インストールの前にバックアップをとっていた場合には、ここで戻します。
$ sudo cp -a /media/* /home/ユーザー名/

日本語入力

日本語入力は、SCIM です。テキスト入力できるところで、ctrl + space で起動します。(私は以前のキー Shift+space に変更しています。)立ち上げると、右下にアイコンが出てきます。
Screenshot-5.png
左端の SCIM というアイコンを右クリックすると、SCIMの設定のメニューがでてきます。このメニューから、自分好みの変換設定が可能です。

クリップボード

コピーは、通常どおり、ctrl+C なのですが、貼り付けは、 Shift+Insert です。

初期設定もろもろ

*Vim のインストール

テキストエディタです。gedit が多いようですが・・・ リモートサーバー管理をするなら必須のような気もします。コマンドになれるまではかなり使えないですが・・・
$ sudo apt-get install vim
使い方は、Ubuntu/Vimの使い方や、ここなどをご参照くださいませ。

* Core2Duoプロセッサー使用の場合の設定

$ sudo vi /etc/init.d/rc
で、以下を変更
# Specify method used to enable concurrent init.d scripts.
# Valid options are 'none' and 'shell'.
CONCURRENCY=shell       //shell に変更

*ホィールパッドマウスの設定

私はLet's Noteを使っている関係で、gsynaptics というパッケージを入れてホィールパッドマウスの設定を行います。
$ sudo apt-get install gsynaptics
$ sudo vi /etc/X11/xorg.conf
以下の様に InputDeive の Synaptics Touchpad に行を追加
Section "InputDevice"
       Identifier      "Synaptics Touchpad"
       Driver          "synaptics"
       Option          "SendCoreEvents"        "true"
       Option          "Device"                "/dev/psaux"
       Option          "Protocol"              "auto-dev"
       Option          "HorizEdgeScroll"       "0"
       Option          "SHMConfig"             "true"
       ↑この行(行末のスペースを消さないとリブート時エラーになります。)
EndSection
再起動して、[システム]→[設定]→[タッチパッド]で設定を行えばOKです。

トラックポイント(ThinkPad)のスクロール設定

現在の私のパソコンはLet's Note から Lenovo Think Pad に変わりました。Think Pad のスクロールボタンもUbuntuの初期設定では使えなかったので、以下の設定をします。
$ sudo vi /etc/X11/xorg.conf
この設定ファイルの Configured Mouse を以下の様に変更します。
Section "InputDevice"
       Identifier      "Configured Mouse"
       Driver          "mouse"
       Option          "CorePointer"
       Option          "EmulateWheel"  "true"                  //この行を追加
       Option          "EmulateWheelButton"    "2"       //この行を追加
EndSection
同様に再起動が必要です。

*日本語版セットアップヘルパ

システム→システム管理→日本語版セットアップヘルパと進むと Thunderbird や Realplayer AcrobatReader Skype のインストールができます。

*samba

同じWAN内にあるWindows端末とファイルのやりとりを行ったり、Windowsに接続してあるプリンタをネットワークプリンターとして使用する際にはsambaのインストールが必要です。
$ sudo apt-get install samba

*IE(インターネットエクスプローラー)のインストール

Ubuntuにして尚、IEが必要な理由はほとんどありませんが、Web開発者としてIEでの動作確認ができるのはちょっと便利です。GAOなどIEを標準としているコンテンツにとも思うのですが、GAOはメディアプレーヤーも必要なため、Ubuntu上での動作が成功した例は見つけられていません。
$ sudo apt-get install wine
$ sudo apt-get install cabextract
$ wget http://www.tatanka.com.br/ies4linux/downloads/ies4linux-latest.tar.gz
$ tar zxvf ies4linux-latest.tar.gz
$ cd ies4linux-*
$ ./ies4linux
ここでインストール画面が現れます。
$ ../bin/ie6
でIEがめでたく立ち上がるはずです。最後にアイコンをメニューに登録します。(あやしい方法です・・・)
$ sudo cp ./lib/ies4linux.png /usr/share/pixmaps/
$ sudo cp ./lib/ies4linux.svg /usr/share/icons/hicolor/scalable/apps/
[メニュー]→[設定]→[メインメニュー]から新しいアイテムを登録します。上記のコマンドでアイコン画像が登録されているはずです。コマンドには、
/home/あなたのユーザー名/bin/ie6
と言う感じで入力します。