8.10リリース

知りませんでしたが、2008年10月リリースってことなんですね。今回はちょっとエロっぽく
Screenshot-11.png

インストールの前に・・

8.04から、アップデートマネジャーでやる方法もありますが→ここPHPやDjangoなどバージョンアップグレードもあるようで、結構変更しなくちゃいけないので、それとcairo-dcokの設定ファイルなどがうまくアップデートに対応できません。(背景が黒くなってしまいます。) やっぱりインストールし直しました。これが半年に一度やってくるのかと思うとちょっと面倒だけど、半年に一度無料で最新版へのアップグレードがあるって考えると、それはそれでうれしい。
/home/felix/ (などのホームディレクトリ内)のファイルをUSBなどにすべてバックアップします。
$ sudo cp -a ./.* /media/disk/      //保存先のUSBなどを指定。disk1 disk2 の場合あり。

インストール

インストールCDの作成

http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized/download から 適当に近い場所を選んで、.iso ファイルをダウンロードして、CDに焼きます。

インストール

CDを入れて再起動。ブート時に F2 などを押して、設定画面で、Boot設定で軌道の優先順位をインストールCDを入れたCDにします。Ubuntuの初期メニュー画面になるので、インストールを選択します。あとは、聞かれることに沿って、インストールします。

どんどん追加される更新情報をアップグレード

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

立ち上がったら

HPのお気に入りや、ホームページを表示したいのであれば、./.mozilla* だけを手始めにリストアする方法があります。
$ sudo cp -a /media/disk/.mozilla* ./
他の設定ファイル等 (. から始まる隠しファイル)は、いつリストアするのかは難しい問題です。初期の段階で一気にリストアしてしまうと、想定できないエラーが生じる可能性があります。何のファイルか分からないものは、いれず、必要都度リストアするのがよいかもしれません。

なにはともあれ、vim のインストール

$ sudo apt-get install vim

ThinkPad スクロール設定

X11/xorg.conf の設定じゃなくなってしまったようです。
$ sudo vi /etc/hal/fdi/policy/mouse-wheel.fdi
で新しいファイルがつくられるので、以下を記述
<match key="info.product" string="TPPS/2 IBM TrackPoint">
 <merge key="input.x11_options.EmulateWheel" type="string">true</merge>
 <merge key="input.x11_options.EmulateWheelButton" type="string">2</merge>
 <merge key="input.x11_options.XAxisMapping" type="string">6 7</merge>
 <merge key="input.x11_options.YAxisMapping" type="string">4 5</merge>
 <merge key="input.x11_options.ZAxsisMapping" type="string">4 5</merge>
 <merge key="input.x11_options.Emulate3Buttons" type="string">true</merge>
</match>
保存したのち、再起動で使えるようになります。たぶんこのタイミングでやった方がいいかもしれません。あとからやって、結局うまくいかずに、再インストールしてしまました。

Core2Duoプロセッサー使用の場合の設定

$ sudo vi /etc/init.d/rc
で、26行目あたり?を以下のとおり変更
CONCURRENCY=shell       //shell に変更

日本語環境セットアッパー

[システム]→[日本語環境セットアッパー・・・] で必要なパッケージをインストールします。thunderbird や Acrobat Reader など。 またReal Player がうまく起動してくれません・・・。 万能 mplayer & medibuntu をインストール。
$ sudo vi /etc/apt/sources.list
で以下を追加
#medibuntu repository
deb http://packages.medibuntu.org/ hardy free non-free
んでもって
$ wget -q http://packages.medibuntu.org/medibuntu-key.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install mplayer libdvdcss2 w32codecs

SCIM の設定

やっぱり shift + space 起動がいいんですよねぇ なんで デフォルトじゃ無くなっちゃんでしょ。それにATOK派なので、ctrl+spaceで起動して、左端のSCIMを右クリック→「SCIM設定」で SCIMの起動キーや、キーバインドなども修正。

基礎的に必要なパッケージをインストール

私が使ってるパッケージ。最後の krita は画像編集ソフト gimp ほどじゃないけど、ちょっとしたピクチャー編集をしたいときには、なかなか使い勝手がよいです。
$ sudo apt-get install ssh samba startupmanager gnome-splashscreen-manager krita

skype インストール

8.04 までは 日本語環境セットアッパーにあった skype がなくなってます・・・。(やはり傍流か?) 昔の方法を呼び起こして
$ sudo vi /etc/apt/sources.list
で以下を追加
#skype repository
deb http://download.skype.com/linux/repos/debian stable non-free
お決まり
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install skype

ここまでの設定ファイルのリストア

$ sudo cp -a /media/disk/.purple /home/felix/   //pidgin
$ sudo cp -a /media/disk/.ssh /home/felix/
$ sudo cp -a /media/disk/.Skype /home/felix/

Cairo-Dockのインストール

8.10でも安定的に起動しました。(メニューに加わらなくなっちゃけど)
$ sudo vi /etc/apt/sources.list   /vimを使われない場合には、vi の代わりに gedit などで
以下のレポジトリを追加。
# cairo-dock repository
deb http://repository.cairo-dock.org/ubuntu hardy cairo-dock
公開キーの取得(なにも考えず、このまま打ち込む^^)して、インストール
$ wget -q http://repository.cairo-dock.org/ubuntu/cairo-dock.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install cairo-dock cairo-dock-plug-ins
自動起動させるなら、[設定]→[セッション]に以下のコマンドを追加
cairo-dock

Cairo-dock から nautilus (ファイルマネジャーが起動せず・・・)

gnome のデフォルトファイルマネジャー nautilus(ノーチラス)がなぜか起動せず・・・。初めは起動していたような??? メニューからは開くので、nautilusがイカれているわけではなさそう。他のファイルマネジャーがないかなぁと探すと・・・ thunar というのを発見。
$ sudo apt-get install thunar
cairo-dock のランチャー編集で 起動は thunar と書けばOK。なかなかよいではないですか!