はじめに

Screenshot_12.png
ひさびさに インストールしたけど、前みたいに ログファイル解析をクローンで実行させたり、ログファイルの権限設定したりしなくてよくなってて設定は簡単になってた。

インストール

まずはインストール
$ sudo apt-get install awstats

設定

/etc/awstats/awstas.conf を直接いじってもよいみたいだけど、同じディレクトリの awstats.conf.local に追記していくのがスマートみたい
$ sudo /etc/awstats/awstats.conf.local
で、以下を編集
#LogFile setting
LogFile="/virtual/log/apache2/access.log"
#LogFormat
LogFormat=4
#SiteDomain
SiteDomain="felix-labo.org"
#言語設定
Lang="jp"
#DNSLookUP
DNSLookup=1
# DNSの逆引きを行わない IP アドレス(正規表現)
SkipDNSLookupFor="REGEX[^192\.168\.11\.]"
# 解析しないファイルを設定
SkipHosts="127.0.0.1 REGEX[^192\.168\.11\.]"
# アクセスできるユーザー
AllowAccessFromWebToFollowingAuthenticatedUsers="flabo"
# アクセスできるIPアドレスを限定する
AllowAccessFromWebToFollowingIPAddresses="127.0.0.1 192.168.11.1-192.168.11.5 121.2.65.177"
これで /ホスト/cgi-bin/awstats.pl にアクセスすると表示されるかも。apacheユーザーを変えている場合など、/var/lib/awstats に Permission denied になる場合には、apache 実行ユーザーを www-data ユーザーを追加する
$ sudo adduser flabo www-data
これでOK。ちと、接続が心配なので、apache 設定もやっといて、再起動。
$ sudo vi /etc/apache2/conf.d/virtual や /etc/apache2/site-enabled/000-default
/cgi-bin/ の設定をしとく
ScriptAlias /cgi-bin/ /usr/lib/cgi-bin/
 <Directory "/usr/lib/cgi-bin">
       AllowOverride None
       Options +ExecCGI -MultiViews +SymLinksIfOwnerMatch
       Order deny,allow
       Deny from all
       Allow from 192.168.11
       Allow from 127.0.0.1
</Directory>
おきまり
$ sudo service apache2 restarts